どろんこ農園

どろんこ農園

園児達の手で野菜や花の苗を植え、愛情を持って草取りをしたり水やりをしたりして作物の生長を見守ります。

そして、収獲したり食したりする経験を通して、生かされ生きる「命のつながり」を学び、働く喜びや助け合う心の大切さ、自然の恵みに感謝する心を育てます。

また、土に触れながら健康な心と体作りにつなげ、小動物との出会いから、命の大切さを感じられるように育みます。

“おおきくな~れ”

H30年9月

まだまだオクラとなすとピーマンは収穫できました。4歳児も収穫に行きました。

4歳児はプランターに四角豆の栽培をしましたが、今年の猛暑に花が付きませんでした。まだ、諦めずに育てていますよ。

H30年8月

水遊びの時、大きくなり過ぎたきゅうりを使って本当のお料理のように『ままごと』をしたり、いろいろな野菜を水に浮かべて『浮き沈みの比べっ子実験』をしたりしました。

H30年7月

お泊まり会(5歳児)の夕食にどろんこ農園で採れた玉ねぎとじゃがいもを使いカレーライスを作りました。

どんどん野菜が収穫でき、毎日給食に野菜が使われるようになりました。 野菜が使われた日は、5歳児の当番の子が放送で教えてくれました。
「今日のメニュの〇〇に、どろんこ農園で採れた〇〇と○○が入っています。一杯食べて下さいね。」

H30年6月

トマトが少しずつ色づき収穫を楽しみました。

H30年5月18日 『チューリップの球根取り』

郵便局から頂いたチューリップがたくさん咲き、いつも歌が聞こえていましたが、とうとう枯れてしまいました。ありがとうの気持ちを込めて、来年用の球根を採取しました。

H30年5月15日 『夏野菜の苗植え』

「何の 夏野菜食べてみたい?」広告紙が入ると、みんなでじっくり見て、植えたい野菜をひとり一つずつ決めました。そして、園長先生の指導のもと、1本の苗を大事に植えていきました。自分の苗とわかるように手作りのプラカードも立てました。
そして、空いている場所に、枝豆とひまわりの種も撒きました。草取りもしながら、収穫を楽しみにしています。
11月に植えた玉ねぎ、4月に植えたじゃが芋ときゅうりも、すくすく育っています。

H30年4月26日 『じゃがいもの芽かき』

じゃがいもが大きくなってくると園長先生が芽かきのやり方を教えてくださいました。きゅうりの種を撒きもしました。

H30年4月3日 『じゃがいもの種植え』

春を迎え、年長児たちははりきってじゃがいもの種いもを植えてくれました。7月上旬に行うお泊り会で作るカレーライスに、このじゃがいもが食べられますように・・・と願いを込めて土をかけていきました。

H29年12月下旬 『大根と人参抜き』

雪が降り畑の野菜が心配になった頃、子ども達はたくさんの雪に大喜びでした。5歳児つばめ組さんはどろんこ農園に出かけ、雪に埋もれた大根と人参を探し当て収穫と雪遊びを楽しみました。

  • あった! 大根や~
  • あった!あったあ!人参みつけたよ~